HUMAN RESOURCES DEVELOPMENT 女性技術者ネットワーク

女性技術者ネットワークとは・・・

私が入社した昭和63年は男女雇用機会均等法施行後2年目にあたる年だった
同じ職種の女性は誰もいなかった
女性はライフイベントを機に離職するのが当たり前の時代だった
仕事が最優先、長時間労働が美徳、働き方に選択肢はなかった
離職を考えたこともあった
時が進み男女雇用機会均等法の改正、女性活躍推進法の施行など女性が働くことを受け入れ
後押しする時代が来た
弊社の女性技術者も30人以上に増えた

だからこそ、1人じゃないことを知って欲しい
皆で知恵を出し合うことで、"長く仕事で活躍してゆけるよりよい未来"をつくりたい。

そのための女性技術者ネットワーク

田村 優子 土木管理課長 /造園職

活動報告

「就労継続」・「環境改善」・「入職促進」の3本を柱に平成26年度から活動をおこなっています。

インタビュー一覧

現場で活躍している女性技術者4名にインタビューをおこないました。

Q&A

新入社員・女性技術者・男性技術者それぞれの目線で皆さんの疑問にお答えします。

女性技術者ネットワークのこれから

市来 由美子 課長代理 / 土木職

女性技術者ネットワークは、一人ひとりの個性や能力を十分に発揮できる職場環境づくりを目指し活動しています。そのためには、受け身の姿勢で待つだけでなく、自分たちで課題や解決策を整理し、周囲に発信していくことが必要となってきます。
すでにある環境に満足せず、「こうすれば、もっと良くなるのでは」といった目線を持つという事は、技術者としても重要なスキルです。この活動での様々な経験を通じ、女性技術者として共に成長していければと考えています。

山﨑 絵里 主任 / 通信職

今、女性技術者が働きやすい環境にあるのは、自分たちで変えたいと思い行動した結果です。現状に満足せず、女性ならではの目線で考え、より働きやすい環境を作って行きたいと思います。また、後輩たちには若いうちに腕を磨き、これだけは誰にも負けないという強みを持ち、これからを担う女性技術者のロールモデルになれるように、分野を問わずいろいろな事にチャレンジして欲しいと思います。

女性技術者ネットワークのこれから