HUMAN RESOURCES DEVELOPMENT 階層別研修

技術とノウハウを発揮して社会に貢献できる人財を育成するために、継続的な能力開発は欠かせません。NEEでは、様々な研修を、様々な等級レベルで体系化し、人財育成の礎としています。
高速道路の安全・安心・快適・便利を追求するためには、常に今ある技術を磨き続けるとともに、新たな技術の習得が必要なのです。

期待する役割を発揮できる人財へ

階層別研修

社員一人ひとりが自律的に能力とキャリア形成を実現し、「個人の成長」が組織の成長に連動するよう、能力向上や役割を明確にした研修制度を確立しています。新入社員には、将来的なグループ会社同士の横のつながりの重要性を認識してもらうため、エンジニアリンググループでの合同実地研修も行っています。

階層別研修

上位等級のスキルアップ

10階層毎のそれぞれ異なった研修コンセプトにより、等級に見合った能力の習得を目指しています。原則として昇格時に研修を受け、上位等級でのスキルアップが図れる仕組みが整っています。

上位等級のスキルアップ

グローバル化に対応した人財の発掘

グローバル人財育成

NEEのグローバル人財育成は、「保全管理技術の高度化・効率化」「新たな技術の開発・導入」「人財育成と技術力の承継・向上」を満足するために、海外技術習得・情報収集などを通じて、計画的な体制の基に行っています。

グローバル人財育成

中期海外実務者研修

中期海外実務者研修は、アメリカ ワシントンD.C. の現地法人に3カ月滞在し、点検技術習得や国籍も職種も異なる仲間と協力して成果をあげること、自ら考え提案していく仕事の取り組み方などを体験します。自己成長のきっかけをつかんでもらい、将来的に会社や社会に貢献をできる人財に育ってもらう絶好の機会です。

中期海外実務者研修