蛍光X線分析装置を用いた塩化物イオン量測定 点検・調査・診断

安全・安心の追求と長寿命化のための調査、診断(塩化物イオン分析・塩害の将来予測)、補修・補強対策をご提案

・分析時間が電位差滴定法の1/4(約40分→約10分)
・コンクリート中の塩化物イオン量を高感度で簡易に分析が可能
・市販の機器を用いて、独自の分析方法により電位差滴定法と同程度の精度で分析可能
・コストは電位差滴定法の約2/3で一連の分析が可能
・分析は薬品なども使用せず環境に優しい
・小型・軽量の可搬式なのでオンサイト分析が可能
  • 実用化